banner

お知らせ・トピックス

認知症対応情報

活動実績 :NPO法人公的病院を良くする会

年月活動内容
平成29年2月 超高齢社会に伴う認知症の増加~一般科医療機関への影響とこれからの対応を考える~についてセミナーを行う
平成27年9月 医療機関等におけるマイナンバー制度の運用(留意すべきポイント、情報セキュリティ・マネジメント)についてセミナーを行う。
平成26年11月 兵庫県加西市地域医療市民フォーラムにて、基調講演「国の目指す医療改革制度について」とパネルディスカッションを行う。
平成26年6月~ 民間医療法人職員を対象とした医療機関職員スキルアップ研修(仕事とコミュニケーションの効果・チームワーク向上について等)を平成26年6月~平成27年3月まで毎月1回実施。
平成25年10月 第52回全国自治体病院学会に「医療と消費税」のテーマで参加。消費税が増税になれば、公立病院経営にどれだけ大きな影響を及ぼすかなど。
平成25年06月 前総務大臣樽床伸二先生、総務省平島彰英審議官、自治財政局準公営企業室大沢博室長と公立等病院経営について理事長金井博基、理事・税制担当船本智睦、理事・事務局長大塚勝弘、理事・企画阪本俊一、理事・首都圏支部総括児島敏和が意見交換(6・18) *全国自治体病院協議会を表敬訪問・島根潔総務部長と意見交換
平成25年04月 地方独立行政法人京都市立病院機構 内藤和世理事長と「医療と消費税」及び自治体病院の経営改善について理事長金井博基、税制担当理事船本智睦、理事大塚勝弘、理事阪本俊行が会談する。(4・19)
当会は病院経営の内部統制のチェックリストを策定
平成25年01月 『「医療と消費税」誰が負担すべきか』の書籍を当会税制担当理事船本智睦が発刊

このページのトップへ

Copyright©特定非営利活動法人 公的病院を良くする会. All Rights Reserved.